ギモン解決!よくわかる二重埋没法

TOP > 二重の埋没法について > プチ整形の二重埋没法は万能ではないこと

プチ整形の二重埋没法は万能ではないこと

プチ整形と言えば、二重埋没法と言われるほどには社会的にかなり認知されるようになったと言えます。
たしかに、この画期的な方法によって理想的な二重の目元に整形することは可能です。
しかしながら、必ずしも二重埋没法が万能であるというわけではないということを述べて置かなければなりません。
二重埋没法をすれば全てが解決できるというわけではなく、二重埋没法に適さない目元もあることを知っておく必要があります。
では、二重埋没法がどのような施術方法なのか、まずはそれについて簡単に説明します。
二重埋没法は、簡単に言うと医療用の極細の糸を用いて、挙筋と呼ばれる部分と瞼の皮膚を縫い合わせることで、きれいな二重を作り出します。
この施術方法は簡単な方法なので、施術にかかる時間はたったの10分程度です。


手軽だと評判の良い挙筋法による埋没法ですが、この施術方法が適さない目元の人もいます。
それは、まぶたが腫れぼったい人です。
腫れぼったくて持ったりと下まぶたの特徴としては、まぶたに脂肪が付いているということが考えられます。
この脂肪の存在により、瞼に厚みができてしまっているのです。
そのため、二重埋没法の技術を用いて糸で縛ったとしても、その厚みで糸が取れやすくなってしまうというのです。
実際、瞼に厚みのある人の場合、埋没法だけでは二重を維持することが難しく、結果的に糸が取れてしまい、もとの目元に戻ってしまうケースが多いと言われています。
一間万能であるかのように言われている二重埋没法ですが、実は瞼の形状によっては適さない場合もあるため、まずは無料カウンセリングにて相談すると良いです。


では、瞼に厚みがある人の場合はどうしたら良いのでしょうか。
腫れぼったい瞼の人の場合は、瞼の厚みでもとに戻りやすいという特性が強いです。
そこで、二重整形の全切開法を用いることで問題を解消し、美しくて理想的な二重ラインに仕上げることを可能とします。
全切開法では、二重ラインを切開によって作り出します。
メスを使いますが、これによって二重のデザインは埋没法よりも更に広がります。
おまけに、全切開法を採用することで、瞼の厚みを作り出している脂肪を取り除くことを可能にします。
脂肪を除去することで腫れぼったい瞼を解消し、スッキリとした涼しげな目元になれるのです。
このように、全切開法によって瞼の厚みを変え、その上で二重のラインを整形することができます。
瞼の厚みが気になる場合には、この方法は一考に値します。

ページトップへ