ギモン解決!よくわかる二重埋没法

TOP > 二重の埋没法について > メスで切らなくてもぱっちり二重になる方法

メスで切らなくてもぱっちり二重になる方法

韓国から美容整形の文化がもたらされ、日本でも注目を集めるようになりました。
メイクやダイエットをしてキレイになる努力をしても、どうしても限界というものがあります。
それを乗り越えることができる画期的な方法として、美容整形が注目されるようになりました。
しかし、日本では当初、メスを使うことに抵抗感を覚える人が圧倒的多数でした。
日本人は民族的な特徴として、一重まぶたの人が多いです。
ぱっちりとした可愛らしい二重になりたいとは思えども、やはりメスを体に入れることには強い抵抗を覚える、そういった人が多かったのです。
そこで、美容整形外科クリニックでは、美容整形を普及させるためにメスを使わなくても施術を受けることができるプチ整形の開発に力を入れました。
それで誕生したのが、プチ整形です。


今日では一般的になり、市民権を得たプチ整形のなかでも驚きを持って受け入れられたのが、ぱっちり二重になることができる二重埋没法です。
この方法は、医療用の髪の毛よりも極細の糸を使用し、瞼の皮膚を留めます。
留め方はクリニックによって違いがありますが、1箇所から数箇所皮膚を止めることにより、理想的な二重まぶたになることができるのが特徴です。
この二重埋没法を使えば、メスを使わずしてぱっちり二重に慣れます。
さらには、気に入らなければ糸を抜歯すればもとに戻すことができます。
このような気軽さから、美容整形に抵抗の強かった日本人の間でも、徐々に二重埋没法をはじめとするプチ整形が受け入れられていったのです。
プチ整形は、日本が開発した画期的な美容整形であり、今日では世界的に普及しています。


二重埋没法は、メスを使わなくても二重にすることができるのみならず、料金が安いということで注目を集めています。
二重瞼のデザインの幅がどんどんと広くなり、平行二重や末広型といったデザインまで自由自在に理想とする二重になることができます。
美容整形外科クリニックでは、医師と一緒にコンピューターでシミュレーションを行い、デザインを細かく決めていきます。
その際には、理想とする二重のデザインの画像などを持参すると、施術を担当する医師もイメージがつかみやすいです。
コンピューターを使うことでイメージを共有できます。
その後、施術に移りますが、たったの10分程度で完了します。
二重埋没法では、皮膚に糸を通しますが、皮膚がはれにくく、ダウンタイムがないのでその日から日常生活に戻ることができます。

ページトップへ