ギモン解決!よくわかる二重埋没法

TOP > 二重の埋没法について > 二重の埋没法が向いているのはどんな人

二重の埋没法が向いているのはどんな人

美容整形外科クリニックにて、もっとも多い悩み相談となるのが二重まぶた(目元)に関する相談です。
一重や重くるしいまぶたにコンプレックスを持つ方も多くいらっしゃいます。
しかも、美容整形手術は女性が施すイメージですが、目元に関しては男性も施しています。
華やかに魅せたい、腫れぼったいまぶたをどうにかしたい、そういった相談も美容整形外科クリニックには寄せられています。
ちなみに、愛くるしい目元であったり、目のカタチを変えたいのであれば、埋没法ではなく、ヒアルロン酸涙袋形成であったり、目頭・目尻切開という手術方法が適しているようで、同じ目元の悩みでも、行う手術内容は様々に提案されています。
先にあげた埋没法は糸で留めるだけで、一重まぶたから二重まぶたにできる方法になります。


埋没法を提案する美容整形外科クリニックは数知れず、ポイントになるのは、そのデザインや持続性などです。
しかもそれらは医師の技術力によって大差がつくともいいますから、実績が問われるでしょう。
料金がリーズナブルであれば、その技術やデザインに不安も残るようで、相場観もポイントに美容整形外科クリニックあるいは医師を選びましょう。
二重まぶたの埋没法は医師の実績があるならば、両目10分程度で手術が終わるようです。
短時間であれば、身体や精神面の負担は少ないでしょうが、ポイントになるのは痛みや腫れです。
これは、切開をする方法でなく、糸で留める埋没法だからこそ、腫れもあまり分からず、耐えられる痛みだともいわれています。
二重まぶたの埋没法をおすすめしたいのは、キズをつけたくない方(メスを使わない)、眠たい表情に見られるほどに腫れぼったいまぶたの方です。
奥二重程度なら、リクスを背負ってまで整形手術をススメることはありませんが、パッチリした二重まぶたにしたい願望が強いのなら、その相談内容によって手術をするかを判断してくれます。
むやみやたらに強要はしない、そうした医師を選ぶことも大切です。


埋没法は、医療用の糸で皮膚と瞼板を連結させてラインをつくり出します。
周りにバレる心配もあるでしょうが、糸は髪の毛よりもさらに細く、目立たないものです。
一重から二重に、さらには幅を広げたりすることも可能になります。
また、美容整形手術では後悔してしまうことも少なからずあるため、抜糸するだけで元に戻すことができるので、初めての美容整形手術を受けるには適しているのではないでしょうか。
また、デザインにも色々あり、末広型はもっとも自然な二重まぶたに見せることができます。
平行型はくっきりした目元になり、さらにそのデザインを幅広にすればパッチリとした華やかな目元に魅せることまで可能です。
埋没法は元に戻せる方法ですが、切開法は脂肪や皮膚を切除するためにメスを使う手術になりますから、麻酔薬も必要になり、痛みの加減も強くなるようですし、元には戻らないのも特徴です。

ページトップへ